ロゴ

矯正治療は早い時期から始めよう〜矯正歯科を選ぶポイントを紹介〜

>特集>歯並びが悪いとこんなリスクが!?歯医者で矯正歯科の治療をしよう

歯並びが悪いとこんなリスクが!?歯医者で矯正歯科の治療をしよう

医師

歯並びが悪いことで出てるリスクとは?

歯並びが悪いと咀嚼が悪くなるので、胃腸に負担をかけてしまいます。また、歯磨きがしづらいことから、虫歯や歯周病になってしまうリスクも高まります。矯正歯科では、個人の歯並びの状態などを考慮しながら、歯並びの矯正治療を行なうことができるでしょう。顎の骨が成長途中にある子どものうちから矯正を行うことで、よりきれいに矯正することが可能となります。

矯正歯科を選ぶ時のポイント

歯型

経験豊富な歯科医を選ぶ

矯正治療は顔の印象を左右する大切な治療なので、経験を積んだ歯科医の元で治療を受けるのがいいでしょう。また、設備なども充実している歯医者だと、安全性が高いだけでなく質のいい治療を受けることができます。

説明をちゃんと行ってくれる

矯正歯科は治療を開始してから完了するまでに時間がかかります。費用も一般歯科で行っている虫歯治療などに比べると、高額になるので、歯科医との間に信頼関係を築くことは大切です。そのためにも、治療に対するリスクについてもちゃんと説明を行い、的確なアドバイスをしてくれる歯医者を選びましょう。

矯正完了後のフォローがしっかりしている

歯並びが整った後は、虫歯や歯周病を防い、自分の歯の健康を維持していく必要があります。そのため、予防歯科指導なども行っている歯医者で治療を任せると、矯正治療が完了した後も長く付き合っていくいことができます。

認定医がいる歯医者を選ぶ

日本矯正歯科学会の認定を受けた歯医者を選ぶことをおすすめします。一般の歯科医師免許とは別の認定となるので人数は少数ですが、ホームページから近隣の地域に認定医がいるかチェックすることができます。